2019年4月29日(月・祝日
開場:19:00  開演:19:30 終演20:30頃 全自由席


会場:武蔵野公会堂(パープルホール)

前売¥3.000(税込)  当日¥3.500(税込) 
<<チケット取扱い店>>

ちけっとぽーと吉祥寺店・・・イープラス

SOMETIME・・・カヤシマ

宮地楽器MUSIC JOY吉祥寺

山野楽器ヤマノミュージックサロン吉祥寺
・・・山野楽器サウンドクルー吉祥寺

山野楽器ロックイン吉祥寺・・
宮地楽器吉祥寺センター



クロード・マックナイト(from TAKE6) アコースティック・ライブ

 世界的アカペラグループ、TAKE6のリーダーかつリードボーカルの
クロード・マックナイトが、自らのプロジェクトで吉祥寺に降臨!
絹のように滑らかな極上の歌声をお楽しみ下さい。



[出演者 プロフィール]  


Claude McKnight
 
クロード・マックナイト

アカペラ界の巨匠で、グラミー賞10回受賞経験のあるアメリカのヴォーカルグループ「Take 6」の創設者でリーダー。デビューは1988年。ブライアン・マックナイトは実弟。ゴスペルクワイヤーのディレクターをしていた祖父の影響で、幼少期から兄弟4人でグループを組み、のちに学校でもたくさんのグループを結成して歌い、結果的にそのうちのひとつが、世界的に有名な「Take 6」となった。2013年以降は、ソロ活動も開始。日本では、20134月にブルーノート東京でカーク・ウェイラムとの3日間連続公演、20168月、20171月、201712月下旬(クリスマスツアー)〜20181月上旬、20188月にソロ公演とワークショップを各地で行い、ますますの人気と尊敬を集めている。

 

鳥越 啓介 (アップライトベース)

岡山県立岡山工業高校時代に吹奏楽部に入部し、コントラバスを弾き始める。高校卒業後、地元のビックバンドなどで活動し、1997年に上京。1999年、PHATのメンバーとなり、2001年にメジャー・デビュー。近年では、椎名林檎、平原綾香、畠山美由紀、chara、浜崎あゆみ、葉加瀬太郎、溝口肇、鳥山雄司、ゴンチチ、菊池成孔、東儀秀樹らと共演を果たす。

 

矢吹 卓 (ピアノ)


5歳よりクラシックピアノをはじめ、東京学芸大学在学中より様々なジャンルのバンド活動を行う。卒業後ボストンのバークリー音楽院に渡り、ジャズ、音楽理論を学ぶ。帰国後は、演奏活動に加え、坂本冬美、その他様々な歌手のバック、及び作曲やアレンジ、レコーディングに参加。
 

山内 陽一朗(ドラム)


2004年に洗足学園音楽大学に入学。ドラムを大坂昌彦に師事。2008年、大学卒業と同時にTokuのレギュラーバンドに加入。2010年、アコーディオニストのCobaのイタリアツアーに参加、RichardGallianoFrankMarroco等と共演。
2011年、夏木マリ&斉藤ノブ率いる『GIBIE du MRI』に加入。その他サポート、セッション、レコーディング等で都内・横浜中心に活動中。

 

 
-吉祥寺音楽祭公式ホームページ-